コンプライアンス(倫理法令等の遵守)

コンプライアンス(倫理法令等の遵守)に関する考え方

 一般財団法人福井県労働者信用基金協会(以下「福井労信協」という)は、コンプライアンスとは法令や
規則だけでなく、確立された社会倫理や規範を含む様々なルールを遵守することと受け止めています。
福井労信協は、勤労者が融資を円滑に受けるための信用保証事業を通じて、勤労者の経済的地位の
向上と福祉の増進という設立目的を達成するため、高いレベルのコンプライアンスが求められているもの
と捉えています。
福井労信協は、全ての役職員の意識と行動指針として「コンプライアンス・ポリシー」「役職員行動規範」
等を制定し、コンプライアンス経営を確立していきます。


「コンプライアンス・ポリシー」
一般財団法人福井県労働者信用基金協会(以下「福井労信協」という)は、コーポレート・ガバナンスを
充実し、一般財団法人としての自覚を持ち、設立目的である勤労者の経済的地位の向上と福祉の増進を
図るため、内部統制態勢の構築とともに、コンプライアンスを最重要課題のひとつとして位置づけ、
以下の項目を実践します。



icon 1.コンプライアンスの実践

 福井労信協におけるコンプライアンスとは、法令、企業倫理・内部規程、社会的規範等を遵守すること
により、コンプライアンスを誠実に実践します。

icon 2.社会的責任の自覚

 福井労信協は、一般財団法人として社会的責任を果たすために、積極的な社会貢献の推進および環境
保全に取り組み、ステークホルダー(利害関係者)と協調しながら、事業運営の健全性、誠実性、透明性
の確保に努めます。


icon 3.機密情報・個人情報の管理

 福井労信協は、業務上知り得た機密情報やお客様の個人情報に関しては、厳正な管理を徹底します。
とりわけ、個人情報は厳密なセキュリティ対策を講じ、法令および内部規程等に基づき適正に保護・
管理します。


icon 4.経営情報の開示

 福井労信協は、経営情報および会計報告を適正かつ適時に開示し、お客様に対し説明責任を
果たします。


icon 5.反社会的勢力の排除

 福井労信協は、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、これを断固として排除し、
不当・不法な要求には一切応じません。



icon 6.コミットメント

 経営陣は、本ポリシーの達成のために率先垂範し、全ての役職員がその意義を理解し実践するよう
周知徹底します。また、これに反するような事態が発生したときは、自らが問題解決にあたる姿勢を
内外に表明し、原因究明・再発防止に努めます。また、同時に迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を
果たし、権限と責任を明確にしたうえ、自らを含めて厳正に処分します。